グルメな食が人の心を豊かにする

おいしい食は、人の心を豊かにする。

私が、月に一度くらいの割合で、通う日本料理のお店は、木造の平屋建ての建物は、柱が昔の公民館などの公共の建物に使われていた古い太い立派なものを再利用して作られています。シェフは30代前半くらいの若い人です。
地元産の食材を使い、創作日本料理を出してくださるのですが、お料理のソースが絶品で、いつも本当に楽しませていただいています。
私が一番気に入ったのは、桃の揚げ出しです。揚げ出し豆腐を、豆腐の代わりに桃でつくってあるのですが、このお料理のおいしいこと。
それから、私はたけのこはあまり好きではないのですが、ここのシェフの手にかかってしまうと、たけのこがいくらでもたべられるのです。
ゆずのソースとか、ブドウのソースとかがとてもおいしく、フランスパンなんかがついていたら、いくらでもおかわりできそうなくらい、本当においしいのです。
旬の野菜や果物をふんだんに使ってのお料理ですから、体にもいいですし、本当に心が豊かになって帰ってくることができます。
建物そのものも、見る価値がありますし、外国人のお客様がいらっしゃれば、喜んでいただけること間違いなしです。
ぜひ、大切なお客様をもてなすのに、訪れたい場所です。